準備編.改造にあたって準備をしておこう

改造するにはやっぱりそれなりの環境がないとなかなか進まないものです。
そこで必要なものをいくつか挙げておこうと思います。
もっともそういうことをするのですからすでに用意してあると思いますけど?
(ということは準備編は無意味!?)

CGIをテストするにはHTTPDPerlが必要です。
もっともPerlでCGI作らない人はいりませんけど
このこーなーではPerlを使っているので用意してくださいね。

「私はプロバのサーバーがあるから自前で用意しなくていい」
なんて考えは絶対にやめてくださいね。
プロバのサーバーはみんなの共有資源です。
万が一プログラミングミスで重大なバグがあった場合
サーバーダウンなどの重大な障害を引き起こしたくさんの人に迷惑がかかります。
必ず自分のマシンにテストできる環境を構築しましょう。

できればUNIXな環境を用意するのが一番ですけど
なければWindowsでも大体できます。
MacintoshについてはOS X(OS 10)はUNIX系のOSが元になっているので
PerlとApacheをインストールすれば使えます。
OS 9以下は私はMac上でテストする環境を作ってないのでわかりません。


★UNIX編
最近はやりのPC-UNIXがいいでしょう。
HDDを一台用意してインストールしてください。
私のおすすめはFreeBSDです。
これだとCUIなのでマシンパワーやディスクをあまり使わなくてすむからです。
古いマシンがあればそれを利用するのも手でしょう。
でもLANが必要なのでLANが組めない人にはおすすめできません(^^;;;
必ずしも必要ってわけでもないんですけどかなり不便です。
PC-UNIX系の雑誌付録のCD-ROMを利用するのが手っ取り早いです。

必要ソフト
ApacheやW3C等のHTTPDとPerl5
雑誌の付録CD-ROMにならほぼ間違いなくついてきます。

エミュレーター+PC-UNIX編
一台しかマシンを持っていない人に朗報です。
低価格でx86エミュレーターソフトが発売されました。
このソフトを利用して仮想マシン上にPC-UNIXをインストールして使いましょう。
速度低下やハードウェア的な機能制限などのデメリットは
あるもののCGI作成ならばこれで十分です。

WINDOWS
マイクロソフト Virtual PC 2004 for Windows VIRTUALPC2004-W [VIRTUALPC2004W]
VMware:値段は高いですが有名どころです。
VMware Workstation 4 日本語版 Win用
MAC版
Microsoft Virtual PC for Mac Version 6.1


★Windows編
私は現在はWindows2000にAN HTTPDとPerl for Win32を入れてます。
これでも大体のCGIのテストはできると思うのでおすすめです。
最近は便利になりましたね。

必要ソフト
HTTPDとPerl for Win32
HTTPDはAN HTTPDがおすすめです。
とりあえず手っ取り早く動きます。
AN HTTPDはベクターにおいてあります。
本格的にやるならばApacheがおすすめです。


★あると便利なもの
Perlに関する本があると何かと便利です。
らくだの絵の本がバイブルらしいのでそれをもっておくといいかもしれませんね。
私はPerl5パワフルテクニック大全集しかもってないですけど・・・

オススメ本
初めてのPerl第3版 ( 著者: ランダル・L.シュウォーツ / トム・フェニックス |
いわゆるらくだ本というやつです。Perlプログラマーのバイブルだといわれています。
 


★関連リンク
perl
http://www.perl.com/
ベクター
http://www.vector.co.jp/

もどる