4.MMX166を単一電源のMBにつけちゃえ

警告:
よい子は絶対に真似しないでください!!
100パーセントシステムやパーツにダメージを与えます!
私のまねをしてマシンが壊れても私は一切関知しません。
いかなる責任もとらないし一切の補償もしません。
 

今回は日記になるんですけど・・・
先日某ハードオフでPC-9821Xa7eを買ってきました。
このマシンはPentium75MHzなんですよね。
そこでいちかばちかでMMX166をつけてみることにしました。

もちろんMMXPentiumは単一電源のMBでは動作しないことぐらい知ってます。
でもここは好奇心が勝ってしまったもので(自爆)

Xa7eについているのはSocket5ですが問題なくささりました。
ちなみに6x86MXもささりましたけどまったく動作しませんでした。
K6はSocket7でないとささらないみたいです。ささりませんでした。

電源を入れて「ぴぽっ」と聞きなれた音が・・・
とりあえずBIOSが起動しますがシステムを読み込むととまってしまいます・・・
調べたところEMM386で起動が止まっていたのでEMM386をコメントアウト。
無事にWindowsが起動しました。

Webの情報からMMXを使うとPCIとかがBIOSの関係で使えなくなると
ありましたけどうちでは何の問題もありませんでした。
もしかして前の持ち主がアップデートしていたのかなあ・・・?

0.4V前後も高い電圧で動作させているのでCPUがいつ死んでも
おかしくない状態ですので決してまねをしないでくださいね。
ちゃんと下駄を使って電圧を下げてあげましょう。
私の場合中古でCPUアクセラレータ手に入れるまでの中継ぎとして
登板させているだけなので・・・もっともいつ降板するかは不明ですけど(^^;;

こんなこと某巨大掲示板で言うと「ヴァーカ、そんなこともしらねえのかよ」とか
「氏ね」とか言われそうですけど正論を振りかざして人を馬鹿にする連中よりも
失敗を恐れずに突き進むほうがカッコイイと思いますけどね。
自分のマシンですから壊れたら自分が泣けばいいことですし・・・
でも他人のマシンでこんなことやるのはだめですよ!!!
もどる