シンセサイザー専門サーチエンジン-しんせさーち-

しんせさーちの仕組み

WEBロボットの仕組み
詳しくはヘルプ>巡回用ロボットについてを読んでください。

サーチエンジンの仕組み
現在はsearch.cgiが検索式をブラウザから受け取り結果表示を行ってます。
検索そのものは専用のデーモンを使って単純な線形検索を行っています。
なので動作は非常に重く同時に20個クエリーがあれば全てこなすのに30秒はかかります。
また、デーモンは並列処理を採用していましたが同時に大量のクエリーを受け取ると
動作が非常に遅くなり、一つずつ処理する方がかえって速かったので変更しました。
表示の際はタイトルタグが検索式にマッチするものを優先的に表示してます。

サーチエンジンの履歴
2003.4 wsearch.cgi開発
2003.5.8 簡易サーチエンジンmsearch.cgi ver1.00
2003.5.12 簡易サーチエンジン Ver1.23B 表示部の改良
2003.5.13 簡易サーチエンジン Ver1.23 表示部の改良
2003.5.26 簡易サーチエンジン Ver2.01 検索部を検索専用デーモンへ分離
2003.6.10 サブデータベース追加
2003.7.6 簡易サーチエンジン Ver2.11 "検索式"と-検索式に対応
2003.9.1 search.cgiに名称変更
2003.9.19 しんせさーちでぃれくとり検索対応 Ver2.50b
2003.9.21 キャッシュファイルによる検索高速化
2003.10.28 デーモン部に楽曲検索機能追加
2003.10.31 検索モード設定の変更 Ver2.51b
2003.11.13 OR検索をサポート Ver2.6b
2003.11.17 検索モードの変更
2004.04.04 スキン機能をサポート Ver2.62b
2004.04.12 search.cgiにキャッシュ読み込み機能追加 Ver2.7b
2004.04.19 バグのある検索式最適化機能の排除と内部動作モードの変更 Ver2.71b
2004.05.31 検索モード追加・検索モード指定方法の変更 Ver2.72b
2004.12.15 周辺機器検索DB追加 Ver2.80

サーバースペック
CPU Intel Xeon 2.4GHz Dual
MEMORY 1024MB
HDD DEC ST118202LW-OEM 18GB x2(SCSI)
IBM 4.5GB(SCSI バックアップ専用)
SAMSUNG 13GB(IDE 予備)
LAN INTEL i82550 100BASE-TX
OS FreeBSD
回線 光プレミアム 100Mbps でも半分以下(T.T)
ルータ CTU

ホームへ戻る ヘルプへ戻る