KORG TR-Rack 
EXPANDED ACCESS MODULE 
KORG新世代PCMシンセの名機Trinityのモジュール版

スペック
PCM方式(ACCESS) 32音 32MB WaveROM

特徴
もともとTrinityの拡張用音源なので単体では操作性が悪い

長所
音がいい
Nシリーズのように中音域しか使えないということが無い
レゾナンス付フィルターを搭載している(TRITONとは効きかたが違うかも)

短所
操作性が最悪。ボタンを押しても一瞬遅れて反応する。
とにかくSysExに弱い。(MIDI I/Fとの相性が激しいのかも)
付属のソフト等やTrinityを使用しないとフルエディットできない。
ポルタメントが無い模様。
ユーザー領域だけなのでプリセットを破壊しながらの音色編集になる
RAMエリアのデータが破壊されると起動不能になる
(A4とEDITボタンを押しながら起動すれば直るがRAMエリアが初期化される)

これから購入を考えている人へのアドバイス
音はいいのですが操作性とSysExの送受信が最悪なので
自分で音色を弄りたい人はあきらめてTRINITYにしましょう。
うちはS-MPU64->(IN)TR-Rack(OUT) -> MTP AVでやっと
まともにEDITできるようになりました。どちらか一台ではまともにEDITできません。
付属のエディタがあるかどうかショップに確認を取ってから買うとよいです。
相場は4-6万円です。
本体だけでフルエディットするならTrinityがいいですが波形の容量が24MBです。
その代わりオプションがついていればMOSSが使えますけどね。

サウンド
音色単体

その1(Piano) mp3(327K) wav(1.4M)
プリセットのM1ピアノ音色

その2(Synth) mp3(176K) wav(772K)
フィルターがスイープするシンセ音色?

その3(Piano) MP3(1MB) WAV(10MB)
どこかで聴いたことある人はマニアです 
ノイズが多いのは録音環境のせいです。

その4(Bell) mp3(318K) wav(1.4M)
どこかで聴いたことある人はマニアです 

リクエストは下のアンケートでどうぞ

写真
ラックはラックごと
その1

別の窓に出ます

ユーザーパッチ
私の作った音色を
公開しています。

公開してません

しんせさーちでTR-Rackを検索してみる。

アンケートにご協力お願いします
この機材の情報は
1.非常に役に立った
2.まあまあ役に立った
3.あまり役に立たなかった
4.全然役に立たなかった
ここを見た目的は
1.購入のための参考に
2.自分も持っているが他の人の使い方も参考に
3.誰かの噂や紹介で
4.なんとなく
あなたはこの機材を
1.持っている
2.持っていない
リクエストその他なにかありましたらどうぞ(任意) 

ありがとうございました

[トップ] [INFO] [掲示板] [ちゃっと] [自己紹介]
[機材紹介] [シンセDATA] [シンセ系読み物] [MIDIデータ] [Q&A]
[ぱそこん] [らくがき] [げーむ] [おまけ] [Link]
Google