Roland XP-80
MUSIC WORKSTATION   64 VOICE  4xEXPANSION
Rolandの(元)フラッグシップ機

スペック
PCM方式 64音
76鍵錘つきシンセタッチ鍵盤(イニシャルタッチ・アフタータッチつき)
GM対応。Made in Japan
兄弟にXP-60,50,30(61鍵)とJV-1080(TG部のみ)がある。

特徴
特になし(笑)
サウンドパレットはすごく便利。使わない手はないでしょう。
ライブに使わないとかわいそう(謎)

長所
音に癖がないのでどんな曲にもあいそうです。
鍵盤が弾きやすいです。この弾き心地は最高〜〜
76鍵なので弾くときに鍵盤が足りないってことはあまりないです。
ユーザーパッチはプリセットからの選りすぐりのようなので破壊してもおっけー。
FDDがついているから便利です。(音色保存とかチェインプレイとか・・・)
とにかくかっこいい!!ステージへ持っていかなくちゃ。

短所
生楽器とバンドを組むには多少パワーが無い。
MIDIデータなんぞを再生しようものなら一瞬にして発音数オーバーになる。
プリセット音色が使い物にならない・・・音作りしてのXPです。
音色切り替え時に音が途切れます。
パッチモードでレイヤーがボタン一発でできないのは悲しすぎ〜〜
ボタンが少なくて音色切り替えが大変。
(上の8ボタンと下の8ボタンの組み合わせで選択する。)
ドラム音色は少ないです。909とかはいってなかったり・・・
MIDI出力のチャンネル切り替えがボタン一発でできないので
外部機器の制御は得意じゃないです。

これから購入を考えている人へのアドバイス
重要:鍵盤の接着剤が赤というかピンク色のものは危険です!!!
古いXP-80は鍵盤のおもりが落ちます。黒鍵のおもりが落ちると厄介です。
この手の鍵盤を搭載しているやつは買わないようにしましょう。
これからは中古で10万円を切るはずなのでそれを狙うのがいいでしょう。
とにかく弾かないことにはまったく意味をなさないシンセです。
エクスパンションボードをのせて遊ぶもよし。内蔵波形をひたすらいじるもよし。
JD-800のような音色も多分作れます。あくまで表面しか似ませんけど(--;;
GMモードは使い物になりません。
音源として使うならJV-1080(2080)がいいです。1080は中古で5万円切ってます。
小室哲哉も2000,12のTMNetworkのライブで使っていました。

おまけ
最近TMNのファイナルライブの曲を打ち込んでみました。
リード音色がXP-80です。
サンプルサウンド1にドラムとベースを足したらこんな感じです。
前の音色に比べて少しはユーロビート(SEB)っぽくなったかなあ?

サウンド
音色単体

その1(Synth) MP3(531K) WAV(2.3MB)
Dave Rodgers風EUROSAW 
どこかで聴いたことある人はマニアです

その2(ドラム) mp3(587K)
どこかで聴いたことある人はマニアです

その3(Piano) MP3(1MB) WAV(10MB)
どこかで聴いたことある人はマニアです 
ノイズが多いのは録音環境のせいです。 

リクエストは下のアンケートでどうぞ

写真

その1
その2

別の窓に出ます

ユーザーパッチ
私の作った音色を
公開しています。

しんせでーたへ

しんせさーちでXP-80を検索してみる。

アンケートにご協力お願いします
この機材の情報は
1.非常に役に立った
2.まあまあ役に立った
3.あまり役に立たなかった
4.全然役に立たなかった
ここを見た目的は
1.購入のための参考に
2.自分も持っているが他の人の使い方も参考に
3.誰かの噂や紹介で
4.なんとなく
あなたはこの機材を
1.持っている
2.持っていない
リクエストその他なにかありましたらどうぞ(任意) 

ありがとうございました

[トップ] [INFO] [掲示板] [ちゃっと] [自己紹介]
[機材紹介] [シンセDATA] [シンセ系読み物] [MIDIデータ] [Q&A]
[ぱそこん] [らくがき] [げーむ] [おまけ] [Link]
Google

お買得品がいっぱい!鍵盤・管弦打楽器から楽譜まで
音楽と暮らしの『スガナミ楽器』